世界に一つのオリジナルケース

iPhone7ケースの種類について

iPhone7をお持ちの方で、ケースを買いたいけど種類が多くてどれを選べば良いのか分からない、という方も多いのではないでしょうか。今回、目的に合ったお勧めのiPhone7ケースについて見ていきたいと思います。まず、衝撃から本体を守りたいという方であればソフトケースをお勧めします。ソフトなので手触りもよく、落とした際の衝撃も吸収してくれます。ゴムのような感触なので滑りにくく、その素材感により本体も落としにくくなると思います。
次に紹介するのがアルミバンパー。名前からして剛鉄そうなイメージがしますよね。これはiPhoneの周囲に取り取り付けるアルミケースです。本体を落とすと角にダメージを与えてしまう場合が多いです。このバンパーは本体の角を守ってくれる効果があります。また、アルミの高級感により、少しリッチな印象を与えることが出来ますね。ソフトケースだと安っぽくて嫌だ、という方にお勧めですね。
そして最後に手帳型ケース。これは横開きのノート型のフリップスタイルで、まさに手帳といった見た目ですね。本体全体を保護できるので、画面の割れも防ぐことが出来ます。また、カードなど収納できるタイプも多いのでとても便利です。デザインも様々なので自分の個性を演出するのに最適なケースと言えるでしょう。このようにiPhone7ケースは様々あります。自分の好みや使い方に応じた最適なケースを見つけましょう。

iPhone7ケースの自作に挑戦

私はiPhone7を発売後、1週間以内と割と早めに入手しました。いつも携帯のケースにこだわりがなかったのですが、その時は、あるブランドにハマっていました。しかしそのブランドからはまだiPhone7ケースが発売されていなかったので、自作に挑戦しようと思いました。近所の100均の店で半透明のソフトケースを2つ購入しました。またインターネットで、そのブランドのイメージに近い色のラインストーン、ラインストーンを設置するための道具を全て揃えました。
2つのうち1つのソフトケースを練習様にに使いましたが、なかなか納得いく出来栄えにはならなく、この技術は習得に時間がかかる事が分かりました。そしてケースを放置して2、3日後です。ネイルショップに携帯ケースがディスプレイされていたので、私はネイルショップに作成したい旨を伝えると、了承してくれました。
更に材料もあるので、大きな割引を受ける事が出来ました。料金は5000円程で3営業日で完成との事でした。3営業日後に店に行くと納得の行く携帯ケースが完成されていました。携帯ケース作成の為、下調べに使った時間、材料費、労力を考えると初めからこのお店にお願いしておいた方が良かったと強く思いました。

UPDATE LIST

2017年08月24日
ケースの素材にこだわるを更新しました。
2017年08月24日
持ちやすさと安全性を重視するを更新しました。
2017年08月24日
ケースはアイデンティティーであるを更新しました。
2017年08月24日
世界に一つのオリジナルケースを更新しました。

Copyright(C)2017 何を大事にするかで分かれるiPhone7ケースの賢い選び方 All Rights Reserved.