ケースはアイデンティティーである

iPhone7に最適なケースとは

iPhone7の特徴は、薄いこと、軽いこと、イヤホンジャックが無いこと、防水性に優れていることなど、いろいろありますよね。以上のことを踏まえて、私なりにオススメのケースをいくつか紹介したいと思います。
【濡れてもいいケース】iPhone7は防水性に優れています。そのため雨の日、お風呂の中、海やプールでも安心して使うことが出来ます。その際、ケースをはずすというのももちろんいいですが、どうせなら濡れてもいいケースを使用してみてはいかがでしょうか。プラスチックですぐ乾くものなどは、絵柄の種類も多いのですし、100円で透明なものも売っているため、自分なりにデコレーションも可能です。
【収納付きケース】「別に濡れるような場所で使わない」という方は、カードなどが収納できるケースをオススメします。カードが収納できるケースはとても便利ですが、今までのiPhoneは比べて分厚かったので、カードをたくさん入れてしまうと、どうしても不恰好になってしまいました。しかしiPhone7は他社で薄いことを売りにしているスマホと同じくらい薄くなりました。そのため、たくさんカードを収納してもスタイリッシュに持ち運ぶことが出来ます。iPhoneのケースというのは1つのアイデンティティーでもあると思います。自分らしく、そしてiPhone7らしいケースを選んでみてください。

迷いやすいiPhone7ケース選びに気をつけたい大切なポイント

新しくiPhone7にしたのなら、まず初めに外部に傷がつかないようにケースを探しますよね。最近のPhoneケースはデザイン性の高い物が多くなってきている為、オシャレの一部として選ぶ人も多くなってきています。iPhoneケースには種類やデザインが数多く存在するので、そこからたった一つを選ぶのはとても大変です。そこで今回はiPhone7ケースを選ぶ時に、何を重視すれば選びやすいのかについてをまとめていきますので参考にしてみてください。
まず気をつけないといけないのは、iPhone7は一番最新モデルなのでiPhone6sや他のiPhoneとは全く違います。しかし、見た感じではiPhone6sとサイズが一緒なので、ついiPhone6sのケースでも良いのではないか。と思いがちなのですが、iPhone7はカメラの部分が大きくなり位置も変わり、イヤホンジャックが無くなったのでiPhone6sのケースではサイズは同じですが使えません。かっこ悪くなってしまいます。なので必ずiPhone7ケースと記載された物を購入してください。
次にケースのタイプにも手帳型ケースやソフトケースなど様々あります。画面に傷が付かないようにするなら手帳型ケースがオススメですが、割れないように気をつけたいのであれば画面の縁の部分がしっかり守られているiPhone7ケースを選びましょう。後はデザインですが、好みのデザインを選び、持ちやすさや使いやすさを意識して選択すれば自分に合った満足のいくiPhone7ケースを見つける事ができるはずですよ。

UPDATE LIST

2017年08月24日
ケースの素材にこだわるを更新しました。
2017年08月24日
持ちやすさと安全性を重視するを更新しました。
2017年08月24日
ケースはアイデンティティーであるを更新しました。
2017年08月24日
世界に一つのオリジナルケースを更新しました。

Copyright(C)2017 何を大事にするかで分かれるiPhone7ケースの賢い選び方 All Rights Reserved.